近視ダイバーの実態

近眼であることはマリンスポーツをする上で本当に困りものです。

スキューバダイビングを始めるにあたり、「近眼の人はどーするの??」とよく聞かれます。

確かにそうですよね。陸上のスポーツならまだしも、マスクを装着したらメガネは??ひょっとして、度付き水中メガネなんてものがあるの?って。

「マスクに度付きレンズをはめてそれを装着する。」が最も模範的な回答かな。。。(一応こちらで他の対策方法も紹介しています。) ...なのですが、これですべてが解決、快適ダイビングに突入!!とはいかないのが現実です。

結構、あれこれ不便なんですよ。経験してみると分かると思いますが・・

まず、模範回答の度付きマスクを入手したとします。ビーチエントリーの時。 「大瀬崎」の湾内(分かる?)のようにエントリーポイントまで近い場合はいいでしょう。しかし、常にエントリーポイントが直ぐそばにあるとは限りません。

器材を担いで、メガネをはずして、さー行こう!

何も見えない・・・(ToT)

器材はかなり重たいし、足元見えなきゃマジ危険です。。。岩場エントリもありますし。

んじゃあ、どーするか?

マスクをメガネ代わりにするんです。水中じゃない時も、マスクを装着するんです。(マヌケに見えるかもしれませんがしょうがない...)

ビーチエントリー前の長い道のりをマスクをつけたまま歩いている人、ダイビングが終わり海から上がって来ても決してマスクを外そうとしない人、 そういう人たちを見かけたら察してあげて下さいね。

以前、器材の片付けに突入してもマスクをはめたままの人を見かけました。(見かけたというか知り合いですw)
彼曰く、持ってる眼鏡は相当高額で海水にはつけたくないそう。だからシャワーを浴びてすべてが終わるまでマスクは外せないとのこと。ε-(;-ω-`A) フゥ…

いっぽう、ボートダイビングの時。これはまあ、良いですね。眼鏡かけたままボートに乗れば、入水する直前までメガネをかけていられます。眼鏡の扱いには十分注意が 必要ですが。

でも、もしアナタがコンタクトレンズを装着したまま乗船、ボートの上で外し、度付き水中メガネに替えるとしたら...
どうぞコンタクトをなくさないようにしてくださいね~。船は揺れますし、風が強いときもありますので。

(個人的には船の上でコンタクトをどーにかするということは避けたほうが良いかと!)

まあ、模範回答の度付きレンズマスクですが、実際の使用上はまだまだ不便なのがお分かりでしょう。

ところで、「水中ではモノが大きく見えるから近視でも大丈夫だよ!」なんて声を聞いたことがありませんか?
これは視力次第ですね。0.1を切るような視力だと対策無しではかなりキツいと思います。

水中という危険を伴う環境だし安易に考えないほうが...あ、あと、せっかくカラフルなお魚さんや素晴らしいサンゴを見るのだから、ぼんやりとしか見えないなんてもったいないですよ!