スキューバダイビングで近視の人はどうするの?

ダイビングをしてみたいけど、近視の場合どういう風に対処しているんでしょう?
大抵のダイバーさんは下記で紹介する対策のいずれかを選択して潜っています。

しかし、どれも一長一短の対策方法です。やはり裸眼にかなうものはありませんね!
( ˘ω˘ ).。oO(視力大切)

度付きマスク 度付きマスク
近眼のダイバーのために、度付きレンズがはめられているマスクがあります。(こういうの)
私は実際に見たことはありませんが、眼鏡をかけたままするマスクというものがあるとかないとか。かと思えば、普通の一眼レンズのマスクの中に無理やり眼鏡をしたまま潜る強者もいると聞いたことがあります。水が入ってくる可能性ってないのかな?一般的にはオススメできないですね。

また、マスクにつける安価な吸盤型のレンズ(こんなの)があるようですが、こちらもダイビングに適しているか?とえばナゾです。

コンタクトレンズしたまま コンタクトレンズしたまま
文字通り、コンタクトレンズをして普通の度なしマスクを装着します。コンタクトレンズをつけたまま潜るというのは、いろいろ問題がありそうだ...とノンダイバーさんでも容易に想像がつくでしょう。

レーシック等、視力回復手術 レーシック等、視力回復手術
近年非常にメジャーになってきたレーシック。角膜にエキシマレーザーというレーザー光を照射し、角膜の屈曲率を変えることで、視力を矯正する手術です。費用は高め。(随分下がりましたが)レーシックと以外にもエピレーシック・ラゼック・PRK等他にも様々な術法があります。近視・乱視が強い、角膜厚不足など通常のレーシックが適応出来ない場合他の術法を勧められる場合があります。以前はフラップをマイクロケラトーム(眼球専用カンナ)で作成するのが一般的なレーシックでしたが、最近はイントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御によりフラップ作成をするのが主流です。これをイントラレーシックと呼びます。但し、近年ではレーシックと呼びつつ、その実イントラレーシックを意味していることが殆どではないでしょうか。(従来のマイクロケラトームのレーシックは、“スタンダードレーシック”と呼ばれて区別されたりしている)

参考: レーシック体験記

オルソケラトロジー オルソケラトロジー
オルソケー(Ortho-K)とも呼ばれています。角膜形状を変形させ視力を矯正する専用ハードコンタクトレンズ。着用たまま睡眠し、朝起きたときにそのレンズをはずします。日中は矯正状態の角膜なので裸眼で生活できます。使用をストップすれば、角膜の形状も視力も元に戻ります。というこは、裸眼生活をしたいならば定期にレンズを着用する必要があります。また、オルソケラトロジーを改良したオサートというのもありますが、現在実施している眼科自体少ないです。

参考:オルソケラトロジーがある眼科